院長の診療紹介

◎訪問診療について◎

こんにちは。院長の高岡千容です。

当院では通常の外来診療に加え、ご自宅で最期まで過ごせるように訪問診療を行っております。

訪問診療とは、月に1~2回、定期的にご自宅もしくはお住まいの施設に医師、看護師がお伺いし、診察を行うことです。

体調が急に悪くなった場合も往診という形で医師がご自宅に行き、診察を行います。

またちょっとした疑問や不安を電話で相談することもできます。

近隣の訪問看護ステーションと連携し、24時間対応をいたします。

 

75歳以上の高齢者は令和12年まで増加し、

平成27年から令和5年の75歳以上の方の増加率は全国第2位(注1)と推計されています。

1日当たりの訪問診療推計患者数は増加しており(注2)、訪問診療を利用される方は年々増えております。

 

ご自分のご家族がなるべく自宅で過ごしたい、最期を迎えたいというご希望がある方、

膝が痛く、通院が難しい方、腰が痛く長く歩けない方、

認知症の症状で落ち着きがなく、待合室で待つことのできない方、

上記の方以外にも訪問診療を利用できる方はいらっしゃいます。

なお、訪問診療をご利用の場合は、範囲が決まっております。

是非電話などでご相談いただければと思います。

(注1)
https://www.pref.chiba.lg.jp/kenfuku/keikaku/kenkoufukushi/documents/03_jyuyoumen.pdf
ページ3-1
(注2)
注1と同様のpdf
ページ3-3

医院のお知らせ

お問い合わせはこちら

ちぐさクリニック
TEL:0436-20-0336